Androidアプリを作ろう11 XML②

ボタンをクリックするアプリ

目次

  1. ボタンを追加する
  2. ボタンを押すとTextが変わるアプリ
  3. さいごに

ボタンを追加する

まず今回はレイアウトファイルにボタンを追加してみましょう。
ボタンの追加方法はとても簡単で「design」タブの状態で左上にある「button」ボタンをドラッグ&ドロップして画面の上に持ってくるだけです。

このようにできたでしょうか?
ボタンがきちんと追加されていると「text」タブも以下のように変更されています。

ここでTextViewにidがないことに気づきます。
ボタンのidは「button」なのに対し「TextView」のidはありません。
ですので「TextView」にもidを与えることにします。
android:id=”@+id/text”とボタンと同じように記述すれば「TextView」のidは「text」となります。
さてここまで出来たら今度はMainActivityのほうを作っていきます。

ボタンを押すとTextが変わるアプリ

activity_main.xml画面上のボタンやテキストを指定する場合にはfindViewById()メソッドを利用します。
findViewById()の引数にactivity_main.xmlに配置されているオブジェクトのidを指定することでビューを取り扱うことができます。
以下に上記のレイアウトを利用するプログラムを表記しました。
実行してみてください。

実行結果は以下のようになります。

Video: 正しい URL を指定してください。

さいごに

コードの解説は不要だと思います。
上手にレイアウトファイルを使ってアプリを作ってみたください。
次回ももう少しレイアウトファイルを使ってアプリを作ってみましょう。

このサイトをフォローする!