Androidアプリを作ろう11 XML③

アニメーションするアプリ

目次

  1. イメージビューを追加する
  2. 画面をクリックすると画像が動くアプリ
  3. プログラムの解説
  4. さいごに

イメージビューを追加する

まず今回はレイアウトファイルにボタンを追加してみましょう。
ボタンの追加方法はとても簡単で「design」タブの状態で左上にある「ImageView」ボタンをドラッグ&ドロップして画面の上に持ってくるだけです。
前回のボタンの配置と同じです。
textタブにしたときに、TextViewとImageViewの両方があるので使わないTextViewのほうは削除して以下のようにします。

layout_widthとlayout_heightはお使いの端末で微調整をしてください。

この部分の「@drawable/」配下に画像のファイル名が入ります。
用意しておいたファイルをここに記入してください。
また、何も指示しないとImageViewのidは「imageView」となります。
これでレイアウトは完成です。

画面をクリックすると画像が動くアプリ

ではさっそく以下のプログラムを実行してください。

実行結果は以下のようになります。

プログラムの解説

今回は画像のアニメーションにTranslateAnimationクラスを使いました。
画面端から画面端まで画像が通りすぎるように見せるため座標の数値を極端に大きくしています。
私のエミュレーターでは動画のようになりますが、皆さんの都合がよいように座標の調整をお願いします。

さいごに

これでレイアウトファイルで画像のアニメーションができるのがわかりました。
次回はまた違うことをしたいと思います。

このサイトをフォローする!